AKEEYO ドライブレコーダー WIFI 前後 カメラ Starvis暗視 2K高画質 小型 ドラレコ GPS スマホ連携 32GB Micro SD カード ループ録画 G-sensor 手動録画 貼り付け_AKY-D8

  • ¥11,999


◎【視界を妨げることなくコンパクト設計&スマホと連携できるWIFI搭載型】

画面が大きいほど運転中の視界を妨げやすくなるため、大画面で映像を確認できても煩わしさが勝ってしまうのです。本製品は前方の視界を妨げることなくコンパクトな設計、ネット接続を利用し、スマートフォンの画面から動画の内容を確認するWi-Fi搭載型のドライブレコーダーです。専用アプリ「DashCamPlayer」をデバイスにインストールすることで、「録画の停止と開始、設定変更、映像のライブプレビュー」などを操作することができます。なお、アプリでは録画ボタンや静止画像記録モード画面などが表示されるため、動画による撮影はもちろんのこと、ドライブレコーダーのカメラを通して静止画像撮影も行うことが可能です。カメラが撮影する風景もデバイスの画面を通して見ることができるので、まさにリアルタイムで状況の確認が行えます。※WIFI接続時、スマホもカメラ本体もwi-fionしているが、ディバイスが見つからない、またはWIFI接続ができない場合は、お手持ちのスマホのWiFi周波数帯が5GHzに対応しているのか、ご確認ください。

◎【前後ともSTARVIS対応&HDR補正機能】

SONY STARVIS搭載の高画質カメラを前後に設置し、走行時前方/後方を録画。フルHDを超えるQHD(2160×1440)高画質に加えてフロントカメラには白とびや黒つぶれ、逆光にも強いHDRを搭載。夜景や逆光の場面で見やすい映像を残すことが可能です。夜間やトンネルの中、トンネルの出口付近などの逆光の場面でも鮮明に記録することが可能。なお、リアカメラにはフルHDとスーパーナイトビジョンを搭載しており、後続車ハイビームの眩しさを低減し、通常のドライブレコーダーに比べてナンバーの認識精度も劇的に上がります。停車時の後続車両のドライバーの様子もはっきり映るので、居眠りやよそ見、スマホいじりなどで追突された場合などの事を考えると、相手の過失が証明し易くなります。

◎【前後2カメラ&対角135°の広角6層ガラスレンズ採用】

フロントカメラ、リアカメラともに対角約135°(水平112°・垂直58°)の広角6層ガラスレンズを採用し、死角の少ない広角ながらも歪みを抑え、クリアな映像を実現。ガラスレンズは樹脂レンズよりも透明性が高く、劣化による白濁などの症状も発生しにくい安心設計としました。前後の光景を同時に記録してくれることはもちろんのこと、WiFi対応でスマホの画面からリアルタイムに状況を確認することもできます。リア側にカメラを設置しておけば、後方車両からの危険行為を記録したり、追突後に脅されたりした場合にも証拠として残してくれます。また、事故の状況だけでなく、ドライブしながら旅の思い出を録画できるため、個人の趣味として購入したい方にもオススメ。

◎【衝撃検知録画&事故時の状況把握できるGPS内蔵】

衝撃Gセンサー(3軸加速度センサー)により、衝撃を検知すると、事故前後の一定時間(約20~30秒間)の映像を上書きされないよう専用フォルダに保存します。センサー感度は好みに応じて3段階で感度設定ができます。「衝撃感知録画機能」に加えて内蔵GPSも搭載しています。映像録画と同時に位置情報(経度&緯度)のほか、車速情報、日時も記録。パソコン用の専用ビューアソフトを使うことで位置情報から走行軌跡を見ることも可能です。事故が起きた地点、時間、スピードなどが記録されるので、証拠としての精度が向上し、事故原因の究明にも役立ちます。

◎【「エンジン連動、ループ録画、手動録画」多機能備えるモデル】

電源ONで自動的に録画を開始し、電源をOFFするまで録画を続けるので、録画し忘れの心配がありません。古い映像から自動的に上書き録画してゆく「ループ録画」機能により、1分/3分/5分刻みでファイルを保存し(時間は設定で変えられる)、カード容量が一杯になったら最も古いものから自動的に削除していきます。また映像ファイルは連続ではなく1分/3分/5分毎に新しいファイルとして保存されるので「数分前の映像をすぐチェックしたい」「この時間帯の分だけ保存しておきたい」という時にも便利です。手動で動画を録画・静止画を撮影する機能も搭載しています。違法行為を目撃したときや、珍しい自然現象が起きたときなど、証拠や記念として残しておきたいシーンに遭遇したときに役立ちます。