AKEEYO ドライブレコーダー ミラー型 [2019世界初11.88インチ超大矩形可視画面] 新型スマートルームミラー ドラレコ 前後カメラSTARVIS 暗視機能 HDR タッチパネル 1080P フルHD 200万画素 前150°後140°広角レンズ Gセンサー 衝撃感知 駐車監視 エンジン連動 ループ録画 東西日本信号機対応 32GB MicroSDカード同梱 日本語説明書 一年間安心保障 AKY-X2

  • ¥15,800
  • Save ¥37,200


近年、マスメディアなどによって、危険なあおり運転や事故などドライブレコーダーで記録した映像が、番組などで頻繁に取り上げられています。その映像による状況再現性の高さや証拠能力に注目が集まり、ドライブレコーダーの人気はいま爆発的な人気を得ているのです。

 

AKEEYO 2019新型スマートルームミラー&ドライブレコーダー機能搭載 業界初!11.88インチ超大画面を実現!!!

様々な録画機能を選択できる「豊富な録画機能」

※車のエンジンをかけた時から自動で録画を開始する「常時・ループ録画」

※衝撃を検知すると、その前後の映像を同時に録画する「衝撃録画」

※撮影したいタイミングにロックボタンをタッチして、その前後の映像を同時に録画する「マニュアル録画」

※録画中にシャッターボタンをタッチして、その前後の映像を静止画として保存できる「静止画撮影」

LED信号機の無点灯記録を防ぐ、「LED信号機対応」

フロントカメラはLED信号機の点滅周期に影響されにくいフレームレート 27.5fpsを採用しているので、電源周波数60 Hzの西日本エリアでも点灯する信号機を確実に撮影できます。

テレビ放送への電波干渉を抑える「地デジ干渉対策」

さまざまな車載機器により車の中は色々な電波が飛び交っています。ドライブレコーダーも例外ではなく、カーナビに地デジ放送の受信やAMラジオに影響を及ぼします。当社は地デジやカーナビへの影響を最小限に抑えるナイズ低減設計を施してお客様の快適なドライブをサポートします。

11.88インチのIPS液晶により、視野角を広く見やすい大画面を実現しています。

高感度・高画質を実現するSONY製CMOSセンサー 「STARVIS(スタービス)」

車両後方の広角リヤカメラのフルHD映像をミラーミニターに表示。従来のルームミラーより視界が約3倍!車体や荷物、ヘッドレストなどで生じる後方の死角を減らし、安全性もアップします。

●IPS液晶とは?視野角による輝度変化/色変化が少ないのが特徴で、高品質な発色特性と視野角特性が様々な分野で評価されている液晶パネルです。

●STARVIS(スタービス)は、1μm2あたり、2000mV以上(カラー品、706cd/m2光源撮像時、F5.6、1s蓄積換算)の感度を有し、可視光領域に加え近赤外領域までの高画質を実現した、監視カメラ用途CMOSイメージセンサー用裏面照射型画素技術です。

【高精細カメラ】

前後カメラにも200万画素フルHDカメラを採用しているドライブレコーダーです。

明るく映るレンズを搭載しており、くっきり綺麗に状況を記録することが可能です。レンズのF値は前後ともにF1.8で、HDRを搭載しているため、逆光補正できます。高視野角のフロントカメラ(対角150度)とリヤカメラ(対角140度)が幅広い範囲の映像を撮影。いざという時の車体の前後の状況が撮り逃しません。

【24時間駐車監視】

ショッピングモールなどの駐車場で、車から離れている間に当て逃げされたり、敷地外駐車場など人目のつかない場所で、いつの間にかイタズラされていたり、車のトラブルは運転中だけではなく、駐車中にも発生します。AKEEYOのAKY-X2が駐車監視機能に対応したドライブレコーダーです。運転中の「もしも」を記録するだけでなく、車のエンジンを切っても振動や動きが検出されると自動的に記録を開始するシステムを搭載しています。駐車中も愛車を監視することができます。